所蔵一覧

概要

楽しい調べ学習シリーズ
スマート農業の大研究 ICT・ロボット技術でどう変わる?
海津裕監修
614 農業工学
表紙画像は「紀伊國屋書店」のものを使用しています。
画像をクリックすると紀伊國屋書店のオンラインストアの詳細ページを表示します。

利用状況

詳細

和洋区分
和書
分類記号1
614 農業工学
著者記号
保管場所コード
06 産業
書名,巻次,叢書名 スマート農業の大研究 ICT・ロボット技術でどう変わる? 楽しい調べ学習シリーズ
著者名 海津裕監修
出版者 PHP研究所
出版年月日 2020/02
定価 3,200
ページ 55p
サイズ 29cm
ISBN1 9784569789149
件名 農業機械化. ノウギョウ/キカイカ
内容紹介 ICTやロボット技術を活用して生産性アップと省力化を実現するスマート農業。日本の農業の現状や、スマート農業のさまざまな技術を、写真やイラストで紹介します。
児童用内容紹介 農家の人の負担(ふたん)をへらし、生産をふやす技術(ぎじゅつ)の1つである「スマート農業」。現在(げんざい)の農業の問題点を説明し、無人自動運転トラクターや、水田の水の管理システム、農薬を散布(さんぷ)するドローンなど、スマート農業のさまざまな技術を紹介(しょうかい)します。
内容細目1 はじめに
内容細目1 第1章 日本の農業の現状とスマート農業
内容細目2 日本の農業の現状
内容細目3 将来、世界は食料不足に!?
内容細目4 明るいきざし(1) 経営規模の拡大
内容細目5 明るいきざし(2) 農産物の輸出が増加
内容細目6 農業をささえる先端技術(1) ロボット・IoT・AI. 農業をささえる先端技術(2) 人工衛星. 日本の農業の未来
内容細目1 第2章 スマート農業のさまざまな技術
内容細目2 無人自動運転トラクター
内容細目3 自動で肥料をまく田植え機
内容細目4 きつい作業を軽くする先端技術
内容細目5 水田の水の管理システム
内容細目6 進化したコンバインで収穫. 乾燥、もみすり、袋づめも自動化. 人工衛星で収穫時期を決める. ドローンで生育状況を把握. ドローンで農薬散布. ロボットで野菜を収穫. 野菜のハウスをスマホで管理. ハウスを自動コントロール. 進化する植物工場. ロボットでらくらく酪農. スマホで情報を共有・連携
内容細目1 もっと知りたい!
内容細目2 地下水の使いすぎで土地が砂漠になることも
内容細目3 赤外線カメラとは?
内容細目4 水田にはなぜ水をためるの?
内容細目5 稲刈りと脱穀機の歴史
内容細目6 リモートセンシング…人工衛星とドローンの比較. AIで収穫するトマトを判別するしくみ. ハウス栽培と露地栽培のちがい. 光がどうして必要なの? 光合成のしくみ
内容細目1 さくいん

所蔵一覧

所蔵1 冊
  • 1
    登録番号

    00075645

    保管場所コード
    06 産業
    分類記号1
    614
    著者記号